使い続けられるタイプ選び|名刺のデータ化で営業支援|業務を簡単効率化

名刺のデータ化で営業支援|業務を簡単効率化

使い続けられるタイプ選び

婦人

システマチックな作業が必要な場面とそうではない場面がまだはっきりしない状況にありますが、明らかにシステマチックな方が効率が良いという状況は幾つかあります。例えば営業活動をする時は適当に手当たり次第にあたっても良い結果が返ってくるという事は少ないでしょう。営業活動に関しては既にSFAと呼ばれる営業活動支援システムが開発されていて、上手く利用することで効率的な営業活動を行うことが可能になります。SFAの導入をまだ見送っているという場合はこの機会に導入するのも良いでしょう。SFAの導入に関してどれを選んでいいか分からないという場合はまず使いやすいタイプを選んでみるといいでしょう。SFAではデータを元に営業活動の支援を提示しますが、この時絶対的に必要になるのが生のデータです。RAWデータという場合もありますが、生のデータを与えてあげなければデータの指標を分析することも改善点を見つけ出すこともできなくなります。データの入力は一般的に自ら操作デバイスを用いて入力をしていきますが、この入力作業が意外と面倒という場合があります。SFAは基本的に使えば直ぐに効果が出るわけではなく使い続けていかなければなりません。使い続けるためには毎日のデータ入力作業が簡単かつ明確で無ければいけなく、また万人が操作し易いものでなければいけません。SFA導入の際はこういった実際に使ってみないとわからない事をなるべく情報収集して選ぶことが大切になってきます。各SFA開発メーカーでは契約前に無料でレンタルすることができるサービスを提供しています。上手く無料のレンタルサービスを活用して実際に使用した時の動作状況やルーチンワークのしやすさなどを調べておくといいでしょう。クラウド型であれば公式サイト上からトライアルをすることが可能なため、何時でもSFAを体験することが出来ます。